【2022年最新版】YouTuberのジョーブログの年収は2000万円超え確定だが実際の生活レベルがヤバい!?

ジョーブログの年収

人気YouTuberのジョーブログさんの年収が2022年時点で、2000万円超え確定みたいですね。YouTubeからの広告収入がメインの収入ではありますが、それ以外にも複数の収入源があることがわかりました。それだけ多くの収入を得ていても実際の生活レベルが意外すぎることが判明!?

今回は、知られざるジョーさんの年収とその内訳。年収2000万円の生活レベルとジョーさんのお金に対する価値観などにも迫ってみたいと思います。是非ご覧ください。

ジョーブログの年収2000万円超えは確定!?

ジョーブログの年収

調べた所によると、ジョーブログさんの年収は2000万円を超えているようですね。その収入源は主に5つあるようです。

ジョーブログの年収

ジョーブログさんはYouTubeの収入がメインだと思われますが、次の章ではYouTubeの収入について詳しく見ていきたいと思います。

ジョーブログの年収の大半はYouTubeの広告収入!?

直近5年間のジョーさんのYouTubeでの広告収入はこんな感じです。

ジョーブログの広告収入

ジョーブログの広告収入
出典:http://www.tuber-town.com/channel_detail/UC1zsShDyJp8AafQu9BPo1PQ.html

ちなみに過去1年間の推移はこんな感じです。

ジョーブログの広告収入
出典:http://www.tuber-town.com/channel_detail/UC1zsShDyJp8AafQu9BPo1PQ.html

ジョーさんの年収の大半はYouTubeからの広告収入なわけですが、YouTuberとしては最も大事なことは『再生数』が命です。チャンネル登録者だけが増えても再生されなければ収入が増えることはないんですよね。

一般的なYouTubeでの広告収入の計算方式はこのような感じ。

YouTubeの広告収入
引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190621-00131020

実際に、上記の条件で広告収入を割り出してみました。

動画投稿頻度は平均で月5回ほどで再生回数は1本当たり10〜180万回。
仮に1再生0.1円だとして計算すると、月収は約90万円前後となります。
単純計算で、『月収』900,000×12ヶ月=年収は約1080万円という計算になりました。

上記サイトの『1118万円』と『1080万円』とさほど相違ないので、信憑性は高そうですね。

YouTubeからの企業案件での年収は500万超え!?

YouTuberとして収入の柱として企業案件からの収入があります。企業案件とは、企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼されて、インフルエンサーとして紹介することを言います。YouTuberの企業案件は、登録者の人数によって計算するみたいですね。相場単価は、1~1.5円だそうです。

宣伝する商材や視聴者によって報酬は大きく異なるので、正確な金額はわかりませんが、今回は上記の相場の1円で算出してみました。

145万人(チャンネル登録者)×1(企業案件単価)=1案件につき約145万円になります。案件の数自体はその都度変わるかと思いますが、仮に1年間で4回受けたとすると、次のような計算となります。

1,450,000(1案件あたりの収益)×4(1年あたりの案件回数)=5,800,000(年収)

5,800,000(年収)÷12(ヶ月)=460,000(月収)=約480,000万円

上記の計算によると、月収は約48万円となりました。

ジョーブログのTikTokでの収入は?

ジョーブログのtiktok
出典:https://www.tiktok.com/@joeanddream

こちらはジョーブログのTikTokで2022年4月時点で20万人を超えているようですね。

tiktokは日本で収益化の仕組みが始まったのは2021年の3月でまだ運用は浅いです。tiktokの広告は以下の3通りがあるみたいです。

tiktokの広告
出典:https://value-creation.jp/knowledges/tiktokads/

tiktokの収益化が始まったことにより、収入も大幅にアップした可能性も高いですね。

tiktokにも企業案件収入がある

なんと、tiktokにもYouTubeと同様に企業案件の収入があります。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=JbkC4Wk7vBI 

こちらはひろとさんと言う人気tiktokerで、フォロワーが30万人いた時に受けた案件の金額が30万円だったと話していました。

フォロワー数×1円=報酬ということになります。

これをジョーさんに当てはめると、一件につき約20万円の報酬を得ることになります。ただ、ジョーさんはtiktokでは案件を受けていないみたいです。今後の活動次第では大きな収入源の一つになるかもしれません。

tiktokの投げ銭でいくら稼ぐ?

2021年の3月に日本でも実装した投げ銭という機能『TikTok LIVE Gifting(ギフティング)』で収益が入る仕組みが出来ました。この機能がなんと日本のユーザーのみならず、海外からのユーザーからも投げ銭を受け取ることが出来るんだとか。

仮にジョーさんのフォロワー20万人が1人1円ずつ投げ銭をしたとすると、1回のLiveで約20万円の収益になりますが、1人1円という金額も考えにくいので、流石に月1のLive配信だったとしても20万円の数倍は稼ぐことは間違いないでしょう。

ジョーブログの書籍の収入は驚愕の100万円超え!?

実はジョーさんは書籍も発売しているみたいですね。

ジョーブログの本
出典:https://twitter.com/

本のタイトルは『瞬発力の高め方』で価格は1248円。ジョーさんも売れ行き好調との発言があるので、年間の売り上げ部数を10万部だと仮定します。

1,248(単価)×100,000(売上部数)×10%(印税)=12,480,000(年収)
12,480,000(年収)÷12(ヶ月)=1,040,000(月収)

上記の計算だと月収100万超え!?あくまでも私の見解ですが・・・。

ジョーブログはApple Musicからも収入がある!?

ジョーブログの音楽活動

ジョーさんは音楽活動も行っているみたいです。Apple Musicで公開されているジョーさんの音源はこちら。

ジョーブログの音楽活動
出典:https://music.apple.com/jp/album/over-drive-single/1486519193

Apple Musicでは1再生0.8円の収益になるみたいです。少なく見積もってみると仮にYouTube登録者の1割である145万人が、1人1回再生したとします。

145万回(1ヶ月あたりの再生回数)×0.8(ストリーミング収益)=11万6000円(1ヶ月あたりの収益)おおよそ12万円程度といった所でしょうか。ただ、Apple music以外にもAmazonミュージックやレコチョクなどあらゆる媒体で配信されているので、最低でも月収が約12万円くらいはある計算になるので、実際はもう少し多いかもしれませんね。

ジョーブログの月収は?

これまでの収入源を合算すると、ジョーさんの月収はこのようになりました。

YouTubeの広告収入:100万円
YouTubeの案件収入:48万円
TikTokのLIVE収入:20万円
書籍の収入:100万円
Apple musicからのストリーミング収入:12万円

総額で、約280万円の月収だと予測します。これぐらいの金額なら有名芸能人よりも多いですし、ハイブランドの財布なども毎月購入できる金額ではありますね。YouTuberはやはり夢のある職業かもしれません。

ジョーブログが年収2000万円稼いでも手元に残る金額はいくらなのか?

まず、国税庁が行った年収2000万円の男女別の割合は以下のようになっています。

年収の割合
引用元:https://www.findcareers.jp/tenshoku/over2000/

ジョーさんは年収2000万円超えなので、男性の0.4%しかいません。男女ともに、年収2000万円超の割合は1%に満たず、とても少ないことがわかりますよね。これらの調査から結論を言えば、ジョーさんの手取り額はおおよそ、1200万円〜1300万円です。手取り額は月収で約90万円〜100万円となります。

これだけ見れば、多くの収入を得ているように思いますが、日本は収入が上がれば上がるほど、所得税などの税金も高くなります。年収2000万円だと所得税率はなんと40%もあり、税金は1000万円以上かかってしまいます。

管理人
管理人
せっかく年収2000万円稼いでも、税金で半分近くが国に取られるのはつらみ・・・。
さきほども述べましたが、年収2000万円は、手取り月収は約90万円~100万円です。仮に手取り月収100万円としてジョーさんの生活レベルを検証していきます。

ジョーさんは2022年4月時点ではまだ独身ですから都内で1LDKのタワーマンションに住んでいることを想定してみました。

家賃:30万円
食費:15万円
水道光熱費:2万円
通信費(携帯代・Wi-Fi):2万円
保険:2万円
雑費(日用品):2万円
交際費:7万円
貯金:40万円

一般的には生活費は手取り収入の約6割と言われています。一か月60万円の生活費として内訳を出してみました。1人くらしの場合は食事の平均は約5万円ですが、食費は月収の15%と言われていることから、15万円で設定しました。

また、交際費や緊急で出費があるが場合でも貯金額が40万円あるので、ゆとりも持って補充することが出来るようです。仮に一年間で40万円を貯蓄に回したとすると、年間で480万円もの貯金をすることが可能ですから、結婚や老後などの将来の為の貯金は十分可能だと言えますね。

結果的にジョーさんが年収2000万円でどのような生活が出来るのかと言えば、もちろん沢山ありますが、今回は3つ紹介します。

高級ホテルに宿泊できる
有名な高級ホテルのスイートルーム1泊20万円ほどの部屋にも宿泊できます。毎日宿泊することは難しいですが、1ヵ月に数日間の宿泊ならできるでしょう。

タクシー移動
「自分は1時間でいくら稼げるのか?」と考えた時に、電車での移動時間とタクシーでの移動時間を比べて、タクシーの方が時間を節約できるのならば、タクシーで移動します。電車代よりタクシー代の方が高くても、その空いた時間でお金をさらに稼げばよいと考えるのです。

自分への投資ができる
仕事をする上でも、第一印象は大切です。会食や人と会う機会も増えるため、自分の見た目にも投資をします。レーシックやAGA治療、ボトックス注射、エステなど自分磨きにお金をつかうことができるのです。

引用元:https://www.findcareers.jp/tenshoku/over2000/

管理人
管理人
年収2000万円の生活レベルをまとめると、
税金は高いけど、それなりに裕福な生活は出来るってことやな。

ジョーブログのお金に対する価値観や使い道がスゴイ!?

今から4年前の話ですが、ジョーさんは 2018年4月8日にAbemaTVで放送された『給与明細』という番組で密着された過去があります。そこでは当時の月収や貯金額などについても告白していました。

ジョーさんは当時、二階建ての3LDKの一軒家にマネージャーと一緒に住んでいて、家賃は駐車場込みで20万円で折半ではなく、ジョーさんが全て払っていたのだとか。

ジョーブログの年収
出典:https://logtube.jp/entertainment/21904

2018年当時のジョーさんは、YouTubeの広告収入としては平均すると、月収で300万円程度を稼いでいたみたいですね。

ジョーブログの貯金

さらに番組内では貯金額についても追求。ジョーさんが取り出した手帳は二つで、一つは貯金用と、もう一つは仕事用の二つ。仕事用の通帳では仕事の出演者だったり、家賃や経費に使っていたみたいです。

貯金用の通帳には約725万円、そして仕事用の通帳には約188万円が貯金されていて、二つを合わせると、なんと913万9160円。20代の平均貯蓄額を大きく上回る金額ですが、2018年時点でのことなので、現在はいくら貯金があるのかは不明です。

ジョーブログの貯金額

月収300万円で貯金額が900万円というと、少ないと思う人もいるかもしれません。この金額についての当時のジョーさんは次のように述べています。

ジョー
ジョー
月300万稼いでいると、年収3000万以上みたいな感じに見えますけど、実際はこれだけです。これでも僕は、だいぶ多いと思っているねんな。
どうやら、入ってきたお金は動画制作などに還元したいとの想いがあって、お金の使い道については次のように語っています。

ジョー
ジョー
入ってきたお金は、次のロマンに使いたいねん。
お店を出したいとか、アフリカに行きたいとか、色々それでお金がかかったりもするやん?それを実現する為にも自分が得たお金を使っていろんな人にロマンや楽しみを与えていけたらえぇんちゃうかな。
ジョーさんのお金で贅沢することよりも色んな挑戦に投資する姿勢を見ていると、もっと応援したくなりますよね。

まとめ

今回、ジョーさんの年収が2000万円超えでその収入源の内訳実際に年収2000万円の生活レベルはどのようなものなのか。それからジョーさんのお金に対する価値観や使い道など幅広くリサーチしてきました。

ジョーさんにはこれからもどんどん魅力的なコンテンツを期待していきたいと思います。

ジョーブログがYouTuberとしてオワコンと騒がれているがこの先は大丈夫!?

ジョーブログ ジョーブログの現在が再生回数激減でオワコン!?再復活に必要な誰も言わない秘密を暴露!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.